FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

花火専用ホルダー

 猿などの動物を追い払う大音量の駆除用花火を発射するときに使う専用ホルダーが届いた。これまでのプラスチック製が金属製に変わった。昨年、地域の予算で50発を購入したとき、付属品として送られたものだ。強度に問題があるとは思えないが、事故でもあったのだろうか。花火を発射するには公益社団法人・日本煙火協会が発行する「煙火消費保安手帳」が必要だ。私がその手帳を持っている。事故のないように気を付けなくてはいけない。

 これまで5発発射したが効果は大きいようだ。鉄砲と勘違いするのか山の中の猿たちは大騒ぎになり、どこかへ逃げていく。だが、効き目があるからと言って頻繁に使って慣れられては元も子もない。ロケット花火は1発6円ぐらいだが、大音量花火は200円と高い。大群で出たときや裏山に宿泊する恐れがあるときなど、効果的に使う。

2313ホルダー14242 
中央が金属製のホルダー、下が駆除雷。運動会などで使われる煙火は高く上がるが、駆除雷は30㍍ぐらいの距離で破裂するので、聞こえる音量は大きいように感じる

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する