FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

雪解け(吉和・中津谷:15年3月20日撮影)

 気が付けば1か月も撮影に行っていない。さてどこへ行こうか。芸北か、吉和か迷いながら車を走らせ、やっと戸河内インター前の交差点で直進を決め、吉和へ向かった。雪解けと昨日の雨で増水している中津谷は、流れの大きな音が響き続けた。出会ったのは地元の人の軽トラだけ、独り占めは気持ちがいい。ただ残念なことに、12月に降った重い雪のためか、多くの木が裂けて渓谷へ倒れていた。撮影の邪魔になる。朽ちて、流れて消えるのは何年先か。

6490中津谷153201 
水量は申し分ないが、倒れた大木が痛々しい。大雨で流されるのか、その場で苔むすのか

6505中津谷153202 

6532中津谷153203 

6586中津谷153204 
雪で雑木や草が押し潰されて、いつもは行きにくい場所へ降りられた。木の葉がないので撮れるポイントが増える

6604中津谷1532011 

6632中津谷153206 
ネコヤナギが春の訪れを告げていた。渓谷に生きる彼らは雪に叩きのめされるのに強い強い、街の街路樹のヤナギはヤワな奴だ

6611中津谷153205 

6766中津谷153209 
大木も楽ではないのだろう。ここまで育つのに何年かかるのか、大雪、大水、がけ崩れがいつ襲い掛かるか分からない

6676中津谷153207 

6741中津谷153208 
雪は形で春を教えてくれる。汚れていて新雪のような美しさはないが、それなりの風情はある

6777中津谷1532010 
強い流れが大きな渦を作る。形は刻々と変わり、何枚もシャッターを切った。夏の大雨でもこうなるのだろうが、そのときは木の葉が茂って見えない

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する