FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

水路補修

 我が家の畑で使う水は約2.5キロ上流から流れてきている。その水路が水漏れしているので補修することになった。二日前に水を止め、溜まった砂利をかき出し、水漏れ部分へモルタルを塗り込んだ。プロはいないが道具は揃う。指揮官はいないが作業は進む。9時から正午まで、13人がそれぞれ力を発揮した。さて水漏れはなくなるのか、通水してみないと分からない。毎年毎年、砂利をかきだし、どこかを直して中山間地の農業が維持される。

2663水路補修153212 
水漏れ部分へモルタルを詰め込む。立派な水路に見えるがこの部分は以前、山崩れで破壊された場所で、斜面をコンクリートで固めるとき水路も直された

2656水路補修153211 
モルタルで補修したすぐ下流は以前のままの水路。山から落ちた砂利で埋まっていた。これまでにかき出した砂利は通路に溜まって山になっている

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

補修

地域の人たちが寄り集まっての作業、こういう地域ならではですね。つながってますね。

kawa | URL | 2015-03-21(Sat)22:01 [編集]


補修

kawa 様
こんばんは。休耕田が多くなっていますが、この作業をやめたら農業はタッチアウトです。それに消防用水にもなっていますから命の水でもあります。水路はいつできたのか知るよしもありませんが、日本の田舎の用水路は、世界遺産並みの価値があります。熊本の通潤橋には負けますが。

楽農楽写 | URL | 2015-03-21(Sat)22:56 [編集]