FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

里に春(安野・津浪:15年3月22日撮影)

 春爛漫を待ちきれなくて、安芸太田フォトクラブの撮影会は、町内で春が一番早くやって来る安野に集合した。皆さんの都合がよくて久しぶりに10人が参加してにぎやかだった。黄砂なのか、PM2.5なのか霞んでいて広い風景写真には不向きだったが、バックを簡素化するには好都合の場合もあった。春霞なのだから、そう思えばいいだけのことかもしれない。安野の次は津浪、ホソバナコバイモは見頃、カタクリはしばらく待ての状態だった。

6792安野153222 
花見をする家族。桜が満開になったら人出が多くて出来ないから、のんびりするにはこの作戦もいい

6812 安野153223 
背景の光る瓦屋根が面白い写真にしてくれた。皆さん盛んにシャッターを切ったから、どんな作品が出来たか楽しみだ

6847安野153225 

6857安野153226 
少し歩くと里の春がそこここにある。観光客が訪れるメーンは駅の跡地あたりだが、周辺も捨てがたい

6785安野153221 

2519安野15363 
3月6日付で書いた錆が浮いたディーゼル車は、化粧直しをしていた。聞けば本年度予算に計上されていたと言う

6866安野153227 
防草シートに覆われた畑は無残ともいえるが、これが中山間地域の現実でもある

6874津浪153228 
津浪の主役はホソバナコバイモの群生。風が強く苦戦、立ち入り規制がされていてさらに苦戦

6885津浪153229 
特産の祇園坊柿の裸姿。造形的に撮ると面白い素材になるだろうが、私の苦手な分野だ

6934津浪1532213 

6940津浪1532214 
津浪には写真の素材が多くある。国道から脇道に入るので写真愛好家は少ない

6889津浪1532210 
菜の花に誘われて横一列。人数が多くなると話し声も笑い声も多くなる

6898津浪1532211 

6919津浪1532212 
広い畑だったろうに、ここにも残念な風景があった。救いは杉の大木、雪が吹きつけたら迫力があるだろう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する