FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

代かき&きみまろ

 休日だから二人の甥が加わって、いつもの次兄と計4人で実家の田んぼの代かきをした。肥料をまく人、トラクターに乗る人、小さな田んぼを耕運機で代かきする人、水を調整する人、えぶり(グラウンドをならすトンボのような物)で田んぼを平らにする人。特に担当が決まっているわけでもないのに、ことは順調に運んでいく。やっぱり仕事は大人数に限る。明日と明後日はまた、次兄と二人の作業になる。進み具合はグッと遅くなるが、焦らすのんびりいこう。

3090代かき154291 
「えぶり」を突く次兄とトラクターで代かきをする甥。この角度からの撮影は初めてで、新緑の進み具合がいつもより1週間ぐらい早いように思う

                      ◆

 「トラクターでの稲刈りに挑戦」。夕食、一杯飲みながら「綾小路きみまろの人生ひまつぶし」を見ていて、テレビ局の余りのお粗末さに笑ってしまった。「トラクター」は耕す機械で、稲や麦などを刈り取って脱穀するのは「コンバイン」だ。トラクターを使ったら稲を踏み倒して、鋤き込んでしまう。多くの人が番組作りに携わっているだろうに、田舎出身のスタッフはいなかったのだろうか、誰も気付かなかったとは情けない。番組制作に協力した農家の人が気の毒だ。

3095きみまろ154291 
「BSジャパン様。黒毛和牛と白黒模様の乳牛を取り違えるぐらいの低レベルミステイクです。もし地方創生の番組を作られる場合、東京人にとって地方は別の国ですから、真剣に綿密に取材してください」

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する