FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

火災警報

 午後7時前、安芸太田フォトクラブの例会の準備をしていると、火災警報がけたたましく鳴った。例会の会議室は1階で、発報したのは4階。警報や館内放送が止まらないので、誰言うともなくゆっくり館外へ避難した。原因は調理していて温度が上がり過ぎたらしい。10分後、例会はいつも通り、和気あいあいにぎやかに進んだ。目立ったのは水が張られて、早苗が育つ田んぼの作品だった。カラッと晴れても雨でも、朝でも夕方でも、今が撮りどきだ。

3187 - コピー 
火災警報が鳴って川・森・文化交流センターの駐車場へ避難したクラブ員。煙が上がるわけでもなくノンビリしている

3191 - コピー 
上位に選ばれた作品。右下は私の写真

左上=早朝の筒賀・井仁の棚田。朝焼けが映りこみ成功した。他にも写真愛好家がいた
     そうで、麦わら帽子をかぶって畔を歩く演出をしていたと言う。早朝、水を見るた
     めに畔を歩く必然性はない。そうまでして撮りたくはないのだが

左下=超メジャーな山口・長門の棚田。タイトルは「海に浮かぶ棚田」。作者は連なる漁
     火を期待したのだが、ゴールデンウイークで漁師さんが休みだった。1、2灯をや
     っと捉えることが出来た。粘りに拍手

右上=戸河内・松原でゲットしたブッポウソウ。よくあるのは巣箱から飛び出し、白い模様
     がクッキリ写っている瞬間。そうではなくて飛行コースを読んで構えて、ピントを合
     わせた。白い模様もしっかり押さえた労作

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する