FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

渓流2カ所                                      (中津谷・東山渓谷:15年8月22日撮影)

 雲海の予定だった安芸太田フォトクラブの撮影会は、気象条件が悪くまたの機会に見送った。題材を決めるのが一番難しい時期、無難なところで吉和の中津谷と東山渓谷に落ち着いた。前夜の雨でかすかに濁っていたが、岩は乾き切っておらずまずまずだった。クラブ員にとって東山渓谷は初めて、狭い山道に「一人では来られません」。昼食とトイレ休憩は「もみの木森林公園」、標高900㍍の気温は21度、木陰の風が別天地だった。皆さんご機嫌。

9516中津谷158221 
中津谷。道路脇に現れる小さな流れ、足場が悪くて三脚は立てられない。岩の位置は少しづつ変わっている

9563中津谷158222 

9569中津谷158223 
中津谷の中ほどにある河原の撮影ポイント。昨年末の大雪のためか、主役の木が根こそぎ倒れていた。さて何年かかって写真が撮れるようになることか。見上げると雲が流れていた

9603中津谷158224 

9626中津谷158225 
中津谷。川辺へ下りられる場所はそれほど多くない。朽ちかけた大木が目印、用心しながら下りていく

9642もみの木158226 
もみの木森林公園でおにぎり。普通は撮影場所か車の中で食べるが今日は最高の場所、ハイキング気分になった

9670東山渓谷158228 

9668東山渓谷158227 
東山渓谷。見事な杉林のシダの絨毯。私の写真を見たことがあるクラブ員は「ここですか」と、嬉しそうだった

9673東山渓谷158229 

9709東山渓谷1582210 

9721東山渓谷1582211 
中津谷の定番ポイント。帰り道の通りすがりでは、見送る撮影場所が多くある

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する