FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

弱肉強食

 午後、大根と白菜の種を播こうとして畑へ出ると、思いもしない光景に出くわした。3日前に耕運した畑で青大将がのたうち回っていた。見ると頭がない。トビにでもやられて捨てられたのかと思ったが、どうも様子が違う。土の中へ頭を突っ込んで動き回り、しばらくするとカエルをゲットした。「ヘビに睨まれたカエル」と言うが、土の中まで追いかけられては、カエルもたまったものではない。それにしても青大将はどんな能力を発揮して探知したのだろうか。

 青大将を見つけたときには、既に体が入るぐらいの窪みになっていた。頭がこんがらかった私は撮影するしかなかった。掘り出されたカエルの出現には、NHKの「ダーウィンが来た」以上の驚きがあった。カエルを助けたくなるのが人情だが、こんなとき私は自然の摂理に任せる。青大将はカエルを長時間締め付け、動かなくなったところで頭からくわえこんだ。カメラを構える私に横取りされると思ったのか、窪みから出ると脱兎(?)の如く草むらへ消えた。

4016青大将158241 
手も足もないのに体をくねらせて土を掘る青大将。後から分かったことだが、頭の先あたりにカエルがいる

4018青大将158242 
左の穴からカエルを引っ張り出した青大将。観念したカエル、しかし青大将は仕事半ば

4028青大将158243 
締め付けてカエルの様子をうかがう青大将、顔には泥。カエルはときどき足を動かしたが、そのうちダラリとなった

4034青大将158244 

4037青大将158245 
種を播きながらの観察、写真撮影。ふと気が付くと青大将は窪みから出ていた。しっかりカエルをくわえこむと、かま首を持ち上げ一気に草むらへ。やっと1枚撮れた
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

助けようか、そのままにしておこうか、迷いますよね。
楽農楽写さんなら、この判断をするでしょうね。
私ですか、助けたくとも、青大将でも、ヘビが怖くて、ダメですね。

kawa | URL | 2015-08-26(Wed)11:11 [編集]


青大将

kawa様

 なぜか悪者になってしまうのがヘビですね。畑や草むらでは私たちの知らないところで生存競争が繰り広げられているのでしょう。マムシだったら話は別です。私には生きたまま捕まえる能力がありませんので、クワでたたき殺さなくてはなりません。

楽農楽写 | URL | 2015-08-26(Wed)15:49 [編集]