FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

気分爽快(深入山:14年2月19日撮影)

 雪の量や冷え込みに不満が残る今年の冬だが、今日の好天が埋め合わせてくれた。「お待たせしました」と迎えてくれたのは深入山。かんじきを履けば楽に歩き回れる雪質がありがたかった。麓の小山に登ったり、雑木林の中を歩いたり、くねくねとウロついた私の足跡が残った。山頂がオレンジ色に染まる夕暮れが期待できた。そこまでは問屋が卸さなかったが、刷毛ではいたような雲が助けてくれた。年に一度あるかないかの爽快な撮影だった。

3220深入山142197 

3228深入山142198 
強い風で風紋が出来た。雪がブッシュを押さえつけてくれるから登れる

3240深入山142199正 
こんなお遊びも楽しい。登れるのも元気で体力があるうち

3252深入山1421910正 

3265深入山1421910 
よくある写真だが、その現場に立つと誰でもシャッターを切ってしまう

3309深入山1421911 
どうひっくり返っても北海道の雪原には勝てないが、微妙なディテールがうれしい

3313深入山1421913 
雪庇があって面白い明暗が出来た。ピンクに染まるかと思ったが、その前に日影に入った

3319深入山1421915 
1時間半、麓で雪の斜面が夕日に染まるのを待った。思い通りにはならなかったものの雲がいい仕事をしてくれた

※写真をクリックすると拡大します。その写真をさらにクリックすると、白いふちが付いた紙焼き
 プリントのようになります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

楽農楽写さん、こんばんは。

深入山を照らす夕日。そして演技してくれたスジ雲?
恵まれましたね~
1時間半待ったかいがありました。やはり地元の強みですね。羨ましいです。これで赤い夕陽まで願うと贅沢すぎます。

おでかけリンちゃん | URL | 2014-02-20(Thu)20:01 [編集]


1時間半

おでかけりんちゃん 様

こんばんは。
1時間半、麓でじっと待ったのは、実はバッテリーが危なくなったのです。深入山へ行く前に、たっぷり例の鳥を撮って、枚数が増えすぎてしまいました。

1時間半あれば、まだまだウロウロできて面白い素材があったと思うのであります。長時間露光をするような写真は撮りませんから、予備バッテリーを持つほどでもないと思っているのですが、どうでしょう。

楽農楽写 | URL | 2014-02-20(Thu)21:54 [編集]