FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

プチ旅 奥出雲

 蕎麦か、肉か、魚かー。前夜の協議は結局、蕎麦でまとまり奥出雲へのプチ旅となった。合格その1は、巨岩が谷を埋める「鬼の舌震」。高さ45㍍のつり橋とバリアフリー遊歩道が整備され、散策は快適だった。合格その2は、地域の交流会館で住民が運営する川西そば工房。水車で挽いた粉で作った手打ち蕎麦を堪能した。事件が「そろばんと工芸の館」で起きた。ふらりと立ち寄ったのに、藤友さんが超格安に引きずられて食卓テーブルをご購入になった。

4451鬼の舌震159221 

4464鬼の舌震159222 

4472鬼の舌震159223 
「鬼の舌震」の3点。谷へ落ち込んだ巨岩が独特の景観を見せる。バリアフリー遊歩道が新設され車いすでも入れる(3番目の写真)

4487川西そば159224 

4489川西そば159225 
川西そば工房。営業日は1月から3月を除く毎月第2、4日曜日と5月、11月の祝祭日。今年はシルバーウイークも加わったようだ。地区行事が重なった場合は休業するのが、住民が運営する店らしくて微笑ましい

4494そろばん159226 
特産の算盤を見に入った「そろばんと工芸の館」。多くのテーブルが並んでいて、その中の一つに超格安の上に3割引きがあった。値札を見せる妻、悩む藤友さん。究極の衝動買いになった

4504たたら159227 
締めは「奥出雲たたらと刀剣館」。昭和52年、日本刀に必要な玉鋼の供給と製鉄技術の伝承を目的に「日刀保たたら」が復活した

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する