FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

朝霧(霧が谷など:15年10月14日撮影)

 快晴。絶対の自信をもって芸北・掛頭山の雲海へ向かったが、見事にノックアウトされた。途中の「霧が谷」などにも霧はなく、「ガソリンの無駄遣い」に気分が重くなった。朝日が当たって湧き立つ霧に望みをつないだ。予想した場所あたりから次々、霧が発生して流れ出すと、してやったり。小走りになったりして忙しい。刻々と変わる表情にシャッター数が増えるのは致し方ない。臥竜山へは偵察行。色づきはまだまだ、あと10日ほどか。聖湖の水量は少ない。

0730掛頭山1510141 
掛頭山山頂。雲海はごくわずか、空気は澄み切っておらず完敗。ススキでお茶を濁した

0773霧が谷1510142 

0778 霧が谷1510143 

0800霧が谷1510144 

4759霧が谷15101415 

4750霧が谷1510149  
霧が谷の5点。紅葉が進めば、また違った雰囲気になる。そのときは霜も仕事をするはずだ

4768千町原15101410 

0809千町原1510145 

0822千町原1510146 

4772千町原15101411 
千町原の4点。霧が谷で撮影を終えたごろには、千町原の霧も薄くなっているのが普通だが、思いのほかたっぷりあった

0831臥竜山1510147 

4794臥竜山15101412 

4822臥竜山15101413 

0851臥竜山1510148 
臥竜山の4点。ブナの色づきは木によって差がある。黄葉が進めば斜めに差し込む朝日が狙い目だが、ポイントはそれほど多くない

0861小板15101414 
戸河内・小板。帰路、実りの田んぼとススキのコントラストに引き寄せられた。数少ない茅葺き屋根のある風景。残すために公的な支援があっていいと思うのだが

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます。
小板の紅葉もだいぶ進んでまいりした。
雨が降らなければ、今度の週末あたり、牛ともいい組み合わせの写真になるのではないでしょうか。
 
小板の稲刈りも、ぼちぼちおわりましたので、この写真はいいタイミングで取られたと思います。きれいですね。
かやぶきに郷愁を思う方は多いのですが、住まう方には金銭面以外にもいろいろあるようです。
かくいうウチも、ずっと昔にかやぶきを手放したクチですが。
 
今年の紅葉は、山ごと紅葉になってきれいですので、またお越しください。

アールグレイ | URL | 2015-10-19(Mon)09:13 [編集]


秋の牧場撮影

アールグレイ 様

おはようございます。先日は牧場を案内いただきありがとうございました。今週末に撮影会を予定していますが、掛頭山の雲海か午後の傾いた日差しのどちらかになります。天候次第です。午後の撮影になれば伺いたいと思います。いづれにしろ、この秋には私一人ででもと思っています。。そのときはよろしくお願いします。

楽農楽写 | URL | 2015-10-19(Mon)10:27 [編集]