FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

やっと出てきたニンニク

 9月に植えたニンニクがやっと姿を現した。途中、あきらめて草を取る気にもならなかったが最近、芽が見えるようになった。10㌢ぐらいに伸びたのもあれば、5㍉ほど頭を出したのもある。危うく草と一緒に抜くところだった。全てが芽を出したしたわけではなく、隙間がある。まだ、地中で満を持しているだろう大器晩成型に期待しよう。秋ジャガはまずまずの出来具合だ。試し掘りするには早すぎる。22日の文化産業祭へ出品できるよう、立派に育ってほしい。

4992ニンニク151151 
なかなか芽がでないと心配になるものだ。春に亡くなった隣の佐々木さんの「種を播かんことにゃー、芽は出んけぇのう」という口癖を思い出す。後ろはジャガイモ。その奥のビニールカバーの中では、ミニトマトがいまだに赤くなっている

☆ 明日から9日まで関西へ出かけますので、ブログ更新が止まります。
  10日は坪野で予定が詰まっていて、その様子を夜に書いて、旅行記
  は11日になりそうです。
  それではまた。広島弁で言うと「ほいじゃあのー」

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する