FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

うららか「とんど」

 寒中とは思えない暖かさの中、坪野部落の「とんど」があった。高齢化もあり、毎年のように「こもうしょうで(小さくしよう)」と言いながら竹を切るのだが、出来上がってしまえば同じ大きさになってしまう。うららかなのに参加者が増えなかったのが残念。中国新聞の「消滅集落」企画が読まれているのだろうか、いつになく将来を心配する会話が聞かれた。高齢化率が50㌫を超えても「とんど」が出来るのは、坪野に地域力が残っている証拠だ。大切にしたい。

6577とんど161101 

6587とんど161102 
部落にはクレーン付きのトラックを所有する会社がある。これがなかったら「とんど」は危うい

6594とんど161103 

6596とんど161104 
「とんど」が建つと、傍らでは杯(さかずき)と餅を焼く棹が作られる。手慣れたものだ

6604とんど161105 

6611とんど1611010 
風が強く、真上には燃え上がらなかった。この後、よく燃えた風下側へ倒れてしまった

6614とんど161106 

6619とんど161107 
酒はスイスイ進む。ひょっとして私は3合ぐらい飲んだかもしれない。女性陣は豚汁とぜんざいを担当、遠慮なく豚汁のおかわりをした

6626とんど161108 

6636とんど161109 
世間話に花が咲く。男性の多くは、残り火に顔を火照らせ、ほろ酔い気分

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する