FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

日差しは春(聖湖など:16年2月10日撮影)

 雲一つない晴天、湖面が融け始めていることを祈って芸北・聖湖に決めた。途中の国道191号沿いの雑木林は、見事なゼブラ模様だった。スノーシューを履いて入ったが、ほとんど沈まないほど雪は締まっていた。聖湖畔では、長靴でも歩けて快適な撮影になった。ただ、戸河内側から入ると結氷は最終盤で期待外れ、長者原側からは全面真っ白でガックリ。もう一度や二度、寒波が来るだろうからそれに期待しよう。聖湖畔50㌢、それにしても雪が少ない。

3905国道191沿い162101 
国道191号沿いの雑木林。注意して歩かないと自分の足跡が撮影の致命傷になることがある

3930国道191沿い162102 
見上げると強い日差しが照り付けた。この時期だけ撮影ポイントになる国道の切通し

3947聖湖162103 

3971聖湖162106 

3965聖湖162105 

3950聖湖162104 
戸河内側から入った聖湖。周回道から湖畔へ下りると、たたずまいは早春だった

4010聖湖畔162107 

4021聖湖畔162108 

4028聖湖畔1621010  
長者原側から入った聖湖畔。ゼブラ模様と小動物の足跡が題材になる。1枚目の写真にも湖面へ下りる足跡がある。対岸へ渡ったのだろうか

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する