FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

タイヤ交換&写真展巡り

 まだ雪の恐れはあると思うのだが、強い要望があり妻の軽自動車の冬タイヤを交換した。私の車は根明けを狙って臥竜山へ行くこともあるので、春分の日以降になる。ショートステイの長兄を見舞ったあと、午後は広島市内で写真展を巡った。フォトサークル銀河の写真展で目を引いたのは、フレスコ画の技法を採りいれた、しっとり感のあるプリントだった。数百年も色褪せしないと言う。広島医家芸術展、広島市老人大学写真サークル展も力作ぞろい。

7478タイヤ交換16361 
小さいタイヤだから取り付けるのに力はいらないが、締め付けるのは私の車と同じ力がいる。汗が噴き出した

7479写真展16362 
フレスコジクレープリントの3点。どぎつい色で反射があるプリントと違い、落ち着いた色合いだ。銀塩プリントを上回ると評価したい

 インクジェットでプリントするシートを開発したのは小野田セメント。商業ベースに乗らなかったようで生産中止になったと言う。もったいない技術だ。まず、文化庁が予算を組んで「日本の今」を500年先、1000年先へ残す事業を進めたらどうか。そして一般へ広がれば日本の技術を世界へ売り込める可能性がある。作者の宗岡さんから「尾崎さんもどうかいね」と薦められたが、500年後に耐えられる写真があるかどうか。プリント代は高いが興味津々ではある。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する