FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

やっと楽農

 例年より遅れ気味になったが、「楽農」をやっと始めた。短い草で覆われている畑を耕運機で2回起こして草を鋤き込んだ。畝を作るときにはもう一度耕す。力仕事はなく、少しヒンヤリする空気でむしろ気持ちよい作業になった。春野菜の種まきやジャガイモの植え付け、実家の手伝いなど仕事が向うからやって来る春だ。畑の隅には取り残した秋野菜が花を咲かせている。蕾をお浸しにすれば夕食の一品になる。田舎ならではの春が食卓にもやって来る。

7508耕運163122 
鋤き込む前の畑の写真は、余りに無残で撮る気にならなかった。耕運機と納屋の間の緑が取り残した秋野菜、あと10日ぐらいはおかずになる

7504菜の花163121 
秋野菜の菜の花。撮らせてもらって、上の柔らかい部分を摘み取った

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する