FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

畔補修&桜

 2011年に次兄と二人でコンクリート化した実家の田んぼの畔が、実は高さ不足で部分的に水があふれる状態だった。当時はまだ経験不足でもあり失敗作。補修するには春の田仕事を前にタイムリミット、二人で3㌢ほどかさ上げした。今度は万全だ。実家の向かいの三根地区は桜がいい。今朝は満開をゲットした。作業が終わり帰るころ、西日が当たっていたので、逆光を狙って車を走らせた。歩いてポイントを探したわけでなく、疲れもあって不真面目撮影。

7885畔補修16482 
田んぼ側に幅8センチぐらいの「モルタル堤防」を付けた。長さは約40㍍。後世の人は「誰が作ったんかのう」と言うのだろう

7877小河内16481 
実家へ着く前の3分撮影。3月29日付の「撮影5分」で梅を撮った同じ場所。朝日の逆光、朝霧、雨上がりの霧もいいだろう。電柱など気にしなくていい

7890小河内16483 

7895小河内16484 

7898小河内16485 
2枚目の背景の山は「滝山」。小河内に生まれた人にとっては、かけがえのない古里の山だ。3枚目、歩き回ればいいカットが撮れたかもしれない、反省

7908小河内16486 
残念な風景になった。水が張られて午後の日差しに光る田んぼは絵になったのだが。手前から防草シートが張られた田んぼが5枚、奥の1枚に水が張られている

7919澄合16487 
加計・澄合の太田川。桜の後を芽吹きが追いかける。暖かい春、季節は小走りする

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する