FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

書評

 4月上旬、農山漁村文化協会の編集局から「地方新聞社の記者が執筆した本の書評を書いてほしい」と電話があった。2012年12月発行の「季刊地域」へ猿対策活動を寄稿した際の私のプロフィールが残っていたのだろう。新聞社OBで、田舎に暮らしているのが理由だと言う。若い記者の本だと思い、軽い気持ちで受けて驚いた。著者は北日本新聞社の常務までされた梅本清一氏だった。締め切りは5月10日。幸い雨、朝から広島の自室にこもった。

8220書評16531 
新聞社OBと言っても編集局には在籍していない。私でいいのかと思う。梅本さんは必ず読まれるので若干緊張する。840字だからブログ記事の約4倍、今晩は子供と外食するから執筆は明日、2晩おいて推敲しよう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する