FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

新しい判断

 本来なら昨日、書かなくてはならないのだが、首相の会見を見て馬鹿馬鹿しくなった。もう、肩書の首相を付けるのをやめよう。シン君は、子供のころから言い訳や舌の根も乾かないうちに嘘をつくのが普通だったとしか思えない。14年11月、15年10月に実施予定だった消費増税を延期して総選挙に打って出たとき、「17年4月には必ず実施する」と断言した。にもかかわらず、いとも簡単に19年10月まで延期する。前回は1年半、今回は2年半の先送りだ。

 日銀や官邸は「景気は回復基調」の認識を変えない。「有効求人倍率は高水準、アベノミクスの効果で税収は増えている」と強調する。それなら胸を張って増税が出来るはずなのに、「ボクちゃんはうまくやっているのに、外国のせいで、増税したら景気の腰が折れる」と、責任転嫁する。挙句の果てに「アベノミクスを世界でやって欲しい」と言う始末。サミットでいきなり「リーマンショック前の状況」と言っておきながら、「そんなことは言っていない」と否定する。

 シン君は嘘をついているのが自分では分からないのだろう。必ず実施すると言い切った増税を「新しい判断」で止めると決めた。「新しい判断」で切り抜けられるのなら、世の中で、仕事で、人生で、失敗はなくなる。ナポレオンの辞書には「不可能」がなく、シン君には「失敗」がない。一夜明けて、消費税10%の恐怖から解き放たれてホッとしたことだろう。ただ、彼も人の子。かつての自信に満ちたような表情に、疲れと陰りが見えてきたように感じるのだが。

8377シン君16621 

8379シン君16622 
お疲れの表情。もう言うことがなくなったのか新味のない決まり文句。それも空手形、いつか「新しい判断」でひっくり返すかも  (NHK‐TV)
 
 シン君は周囲をお友達で固め、日銀を支配下に置き、官庁の人事を握り、NHKなどマスコミに介入し、自分にとって不都合な勢力を抑えつけたように見える。が、経済という生き物は、人と違ってシン君の思うようには動いてはくれない。サミットで明らかになったが、事前に欧州を回ったのに、英独からパンチを食らった。見事にシン君の思惑は外れたのだが、それを指摘するのは海外メディアばかりだ。破れたアベノミクス羽織を着た「裸の王様」か。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

同感です。
こんな人に総理だの首相だの肩書きつけるのもったいない。
バカ総理に騙される人がなぜこんなに多いのか?
日本国民の政治に関するレベルが想像以上に落ちています。
嘆かわしいことです。

showbin | URL | 2016-06-04(Sat)10:32 [編集]


シン君

showbin さま

私のブログでは、「シン君」に統一します。昔、「栄ちゃん」と呼ばれたいと言った総理大臣がいましたね。佐藤何とかと言うシン君の親戚でしたね。「シン君」に愛着を込めたわけではなく、幼稚園児を呼ぶときの感覚です。
shobinさんの鋭いブログを、いつもうなずきながら読んでいます。頑張りましょう。

楽農楽写 | URL | 2016-06-04(Sat)13:00 [編集]