FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

県写連展&表彰式

 7日から県立美術館で開く広島県写真連盟展の展示をした。私の仕事は二つ、展示作業に集まった100人を超える所属クラブ員への会長挨拶と永年にわたって会長、顧問を歴任されたお二人への感謝状贈呈と挨拶。大人数の前でしゃべるのは、25年前の労組委員長経験もあってか、さほど緊張しない。若干の失敗はあったが、何とか役目を果たせたように思う。それでも久しぶり、家に帰って疲れがどっと出た。任期2年、肩の力を抜こう。写真展は12日まで。

8394県写連展16661  
展示作業を前に会長挨拶。自己紹介と長いだけの写真歴を話し、取り組んでみたい活動について抱負を述べた

8409県写連展16662 
展示委員が用意したフックに、一斉に額を掛ける各クラブの会員。出品数は292点、40分ぐらいで完了した。用意万端の事務局に感謝

8411県写連展16663 
感謝状贈呈式を前に会場に来られた故明田弘司さんの妻、満智子さん(左)と二人の娘さん。明田さんの写真は、原爆ドーム前に並ぶ若かりし頃の写真仲間たち。すっきりとしたモノクロ写真が時代を記録している

8425県写連展16664 
車いすで会場に入られた感謝状受賞者の大藤薫さん。懐かしい顔に出会い、がっちり握手されると笑みがこぼれた

8440県写連展16665 
感謝状贈呈式で挨拶する私。挨拶内容は別にしても、「立派な式だった」と声を掛けられた。両氏に喜んでもらえれば幸いだ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する