FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

「東松照明-長崎-」展

 広島市現代美術館で開催中の写真展「東松照明-長崎-」へ出かけた。長崎の被爆者や沖縄を追い続けた東松氏(1930-2012年)は、戦後の写真界をリードして後輩へ大きな影響を与えた。没後初の大規模回顧展で、60年代から撮り始めた被爆者の写真は、無言で語り掛ける。1枚1枚に見応えがあった。街歩きで切り取った何気ない長崎は、東松氏にかかれば作品になってしまう。350点、ときを忘れた。7月18日まで(休館は最終日を除く月曜)

8716東松照明展16692 
場内は撮影出来ないので、エントランスの看板で我慢。美しい風景や楽しい写真ではないので、入場者は少ない。感性豊かな若者には是非見てもらいたいと思う

8713東松照明展16691 
展示スペースから少し離れた所に、年表と写真集が展示されていたので内緒で撮影。ご容赦(モノクロ)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する