FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

三段峡を歩く会

 昨日、三段峡憲章策定のワーキンググループ有志が、2回目の「歩く会」を開いた。水梨口から二段の滝往復コース。参加者14人で盛況。皆さん思い思いに歩くため、普通に歩けば片道30分ほどだが、動植物観察に熱中することもあって2時間かかった。目的地へ歩くだけでなく、ガイドがいれば見どころがいっぱいの三段峡だ。終了後のミーティングでは、今後の取り組みやNPO法人の立ち上げを話し合った。三段峡との関わりがまた一歩深まる。

7580三段峡会166151 
三段峡水梨口近くにある江戸末期のたたら製鉄跡地(右の石垣)前に集合。教えてもらわなかったら民家跡地にしか見えない

7642三段峡会166155 

7658三段峡会166159 
水梨口から二段の滝コースは峡谷らしさはないが、自然観察や散策に向いている

7632三段峡会166153 

7652三段峡会166158 
新緑や紅葉の時期には撮影ポイントがいっぱい。10月中旬までしばし我慢

7633三段峡会166154 

7645三段峡会166156 
ヒキガエルとヤマナメクジを発見して大騒ぎ。下の写真、ナメクジは手の平の下。危うく踏むところだった

7674三段峡会1661510 
二段の滝へ近づくと絶壁の下を歩く場所が多くなる。迫力はあるが、その分だけ恐ろしい。運を天に任せて歩くしかない。二段の滝への渡船は休業日のため、猿飛と滝の写真はない

7781三段峡会1661514 

7784三段峡会1661515 
花や植物をそれらしく撮ろうと思うが、足場が悪かったり、背景の整理がむずかしかったりしてシャッターが進まなかった

7802三段峡会1661516 
「いこいの村ひろしま」でミ―ティング。まだオープンには出来ない事柄が話し合われた

※当日の記事は「その日のうちに書く」に努めていますが、1日遅れの掲載になりました。前の
  晩が寝不足で、三段峡を5時間歩いた後、2時間半のミーティングがあって、さすがにアルコ
  ールが入ると睡魔に襲われました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する