FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

予想外                                            (芸北・掛頭山など:16年8月21日撮影)

 昨夜8時、快晴の予報を受けて、安芸太田フォトクラブの撮影会を芸北・掛頭山からの雲海、日の出に決めた。なのに、午前3時に空を見上げると雲が広がっていた。戸河内インターに4時集合、決行するか迷いに迷った。自分だけだったら即中止だが、結果的には大江さんの「行ってみましょうや」の一言に救われた。「坪野快晴、芸北曇り」はよくあることだ。今朝はその逆だった。湿気が多く、スカッとした雲海ではなかったものの、皆さんご満足だった。

9032掛頭山168,211 

9050掛頭山168212 

9082掛頭山168213  

9097掛頭山168214 
霧は刻々と表情を変える。ススキが穂を出し、猛暑の下界をよそに山頂には秋の気配が漂う

9109霧が谷168215 

9132霧が谷168216 
霧が谷の定番ポイント。光芒が現れる微妙な位置をアドバイスし、日が差す順番に沿って「こっちへ来てくださーい」と案内した

9144霧が谷168217 
霧が谷の木道。参加者は私を含め5人、さすがに午前4時集合には支障のある人が多い

9183白樺林168218 
ワラビが葉を広げた白樺の林。「白樺は芸北の木ではないので、植林は好ましくない」と聞いているから、撮らないようにしているが、写真にはなった

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する