FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

モノクロの秋(空谷など:16年9月27日撮影)

 都会の人が見たら首をかしげるような大規模農道をモノクロで撮りたくなって、加計・修道から豊平へ向かった。しかし、立ち寄った空谷や田野原、長笹の集落に引き止められて、最初の目的からは外れてしまった。モノクロで撮ったらどんな写真になるのかを考えると、これが意外に面白い。モノクロだけだった30年以上前にはなかった感覚だ。彼岸花が多い地区だが、「赤」ばかりに引き寄せられることがなく、いつもとは違う素材を探していた。出来はともかく。

9562空谷169271 

9572空谷169272 

9578空谷169273 

9595空谷169274 
空谷地区の4点。耕作放棄地や空き家が目立つが、懸命に頑張っている人達がいるのが分かる風景がある

9601修道169275 
修道地区には彼岸花が多い。来年のクラブの9月撮影会はこのコースにしよう

9627田野原169277 

9657田野原169279 

9624田野原169276 

9649田野原169278 
田野原の4点。彼岸花へ呼び寄せられて初めて入った集落。田植えどきもいいだろう

9690長笹1692710 

9706長笹1692711 

9710長笹1692712 
豊平・長笹地区。谷筋から上がり、遠くの山が見渡せる風景は、私には「長野」をイメージさせる。日の出のいいポイントだろうと思わせる場所があった

9728坂根1692714 

9736坂根1692715 
帰り道に立ち寄った坂根地区。畑の持ち主に挨拶すると「Oさんが1時間ぐらい頑張っちゃった」と言われた。
安芸太田フォトクラブの会員、Oさんの地元を荒らしたことになる

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する