FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

幟立て

 1週間後に秋祭りを控え、大歳神社と八幡神社に幟を立てた。今年は上坪野の担当で、2年に一度の神楽奉納があり、上部落長の私がその責任者になる。本降りだったら順延するところだったが、かすかな雨で作業は滞りなく進んだ。順調なスタートになって何よりだ。昨日、撮影した戸河内・鹿篭頭地区でつくづく感じたのだが、集落が生きている最後の証になるのが祭りの幟かも知れない。坪野にはまだ余力がある。が、いずれ部落全体での準備になるだろう。

0855祭り準備1610221 

0861祭り準備1610222 
男性は主に幟の準備、女性は境内の落ち葉掃き。昨年はしめ縄づくりもあって時間がかかったが、今年は幟立てだけ。落ち葉も少な目だった

0864祭り準備1610223 
立てるときは、75歳以下が少なくとも6人ぐらいは必要だ。「1メートルぐらい短こう(短く)したら楽になるがのう」。計6本を立てた

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する