FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

秋追いかけて                                        (筒賀から芸北:16年11月16日撮影)

 行事が続き、天候に恵まれず秋の写真が撮れていない。坪野へ帰って見る山は、急に色付き出したように感じた。午後、走れるだけ走って秋を追いかけることにした。スタートは筒賀の大銀杏、10分程度の滞在で済ませ内黒へ。途中、立ち寄った戸河内土居の実際寺の銀杏もいい感じだった。観光客がいないのが何よりだ。芸北へ入ると予想通り落葉樹は最終盤で、クヌギ類の茶色が目立つばかりで華やかさはなかった。それでも秋の夕日が助けてくれた。

1091筒賀大銀杏1611161 

1099筒賀大銀杏1611162 
筒賀の大銀杏。今年からだろうが、根もとの周囲に縄が張られ、踏まれない落ち葉が敷き詰められた状態になっていた。半径10メトル以上あればもっと良かった

1121実際寺1611163

 1128実際寺1611164

1138実際寺16111614 
戸河内土居の実際寺。半逆光で全景を撮って最高の気分になったのに、フィルターにホコリが付いていて残念ながらアウト

1160内黒1611165 

1163内黒1611166 

1172 - コピー 

1176内黒1611167 
内黒峠から横川へ。紅葉へはギリギリ間に合ったが、峠を越えると日が差す場所は限られ、撮れる場所は少なかった

1201横川1611168 
戸河内横川。落葉樹の紅葉は少なく、やっと撮れた定番ポイント。もっと日が傾けばよかったかも知れないが、先を急ぐ

1242聖湖1611169 

1259聖湖16111610 
聖湖。水位が見たこともないように低く、石の配列が現れた。田んぼか畑の石垣だろう。山奥の奥に人の暮らしがあった

1266千町原16111611 

1286千町原16111612 

1297千町原16111613 
千町原。冬を前に最後の輝きと言った風情。今年の冬は雪が多い予報、1カ月もすれば長い眠りに入る

1329深入山16111614 
締めは深入山。結局、今年は登る機会がなかった。足腰、体力は年々落ちるので、今のうちなのだが

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する