FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

「写楽」展・大村さん

 中国新聞写真クラブ顧問の大村博さんが主宰されているクラブの写真展「楽しく写す 仲間たち」へ出かけた。私を見るなり「太ったなぁ」が大村さんの第一声。定年後、写真講座の講師、クラブの世話に加え、中国新聞セレクトへ隔週で「旬フォト紙上講座」を執筆されている。写真3点に記事が1000字、「後輩に頼まれて引き受けたが大変だ」と言いながらも現役当時同様、声は張りがある。出品者は61人、四季や風景を中心に全紙サイズ94点が並ぶ。

2007写楽展161221  
右から3人目が大村さん。ジッとしていない人で来場者やクラブ員と会話が弾む。中区袋町6-36、合人社ウェンディひと・まちプラザ、北館4階ギャラリー。4日まで

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する