FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

リッチに山陰

 2週連続、日曜から1泊で山陰へ出掛けた。昨年末「大分フグ」、今夏「阿波踊り」に出かけた3夫婦が兵庫・柴山で蟹三昧。初日の昼食は鳥取港・かろいちで海鮮料理。テーブルいっぱいに膳が広がり、早くも贅沢気分になった。砂の美術館、余部鉄橋を経由して柴山へ。海のそばのひなびた集落の宿は洒落ていて関西からのリピーターが多い。柴山ブランドが一人1.5杯はあったろうか。焼き、しゃぶしゃぶ、鍋を堪能した。帰り道は玄武洞と城下町出石だけ。

2014鳥取161241 
鳥取港「かろいち」・海陽亭で昼食。フグ御膳に海鮮丼、刺身何とかに、私はイカ何とか。隣の席を見て「鍋も良かったねェ」、何もかも美味しそうに見える

2048鳥取161242 
鳥取砂丘・「砂の美術館」。9期目の今回は「南米の自然と歴史、文化」。近くで見ると繊細さと迫力、立体感、遠近感に圧倒される。リオのカーニバルの前

2050余部161244

2049余部161243 
鉄橋が一部残っている余部。列車転落事故のためコンクリート橋になっている。今では珍しくない高さだが、明治後期の建設工事や維持管理にどれほどの苦労があったかが忍ばれる

2061柴山161245 

2066柴山161246 
正直、食べ慣れていないので、宴は質問と実演から始まる。「余は満足じゃ状態」の写真を撮り忘れた

2087柴山161252 
2日目、柴山の市場。「干物を買いたい」と覗いたもののそうは問屋が卸さない。浜のおばちゃんの勢いの引き込まれる

2095玄武洞161253 

2100玄武洞161255 
玄武洞。火山活動が作った柱状節理。川の侵食で見られるようになったというが、表面をはぎ取れば山全体ではないか

2104出石161257 

2102出石161256 
出石の城下町。滞在時間30分、てんでに土産物店に入り、記念写真を撮れなかった

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する