FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

畑仕事&春そこここに

 暖かい春の日。堆肥の鋤き込みに5時間、草取りには1時間、撮影は合わせて20分ぐらい。昼休みを除いて一日中、家の周りで動いた。近くの集落にある桜は満開だろうが、まずは足元を綺麗にしないとモヤモヤして、撮影に出かける気分にならなかった。ツバメが来たり、シャクヤクが芽を伸ばしたり、スイセンが光ったり、ホトケノザが大合唱していたりして、桜に負けない春がそこここにあった。心地よい疲れが残る、田舎暮らしの醍醐味だ。

5145燕143311 
昼休み、畑仕事の疲れを癒す発泡酒でうつらうつらしているとツバメの声。長旅のためか痩せているように見える

5152シャクヤク143318 
庭に自生している水仙と芽を出したシャクヤク。もうすぐ草刈りをするので撮影の後、作業がしやすいように花の周りの草を抜いた

5163スイセン143314 
夕方、上の写真の水仙が光った。シャクヤクが後を受けて、初夏へ引き継ぐ

5178アジサイ143316 
その後に続くのがアジサイ、若芽が一気に大きくなりそうだ。我が家の庭も忙しい

5153堆肥143312 

5157耕運143313 
堆肥をまき、耕運完了。下の写真の右下は長ネギの畝。もう少しネギが残っているので崩していない

5177ホトケノザ143315 
長ネギの畝にはホトケノザがいっぱい。悪乗りアングルでパチリ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する