FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

でんでん

 シン君が国会で答弁した「でんでん」が、ネット上で笑いものになっている。地上波のニュースでは取り上げていないと思うが、ある人のブログで、シン君が「云々(うんぬん)」を躊躇なく「でんでん」と読んだのを知った。アソウ君のみぞうゆう(未曾有)やふしゅう(踏襲)を思い出した。実際の答弁映像を確かめたくて、「安倍 でんでん 動画」で検索すると、傑作映像があった。「猫でんでん」は素直に笑わせるし、「総統閣下は訂正でんでん」の構成力には脱帽した。

2651でんでん171271 

2652でんでん171272 

2653でんでん171273 

2655でんでん171274

2656でんでん171275 

2657でんでん171276 
「総統閣下は訂正でんでん」(ユーチューブから)。消費税先送り、天皇退位、憲法解釈、共謀罪などを巧みに取り入れて、シン君内閣の手口を浮かび上がらせる

 庶民が「異議あり」を主張するとき、昔は落書きという手があった。川柳も、替え歌も、ときには浮世絵も道具に使われた。シベリアで雨傘を持っている人に理由を聞くと「モスクワでは雨が降っているから」というソビエトの小話は、統制国家の姿を皮肉った。政治や世の中に切り込む視点があれば、ネットはこれまでにない有力な道具になる。ネット情報は玉石混交だが、予定調和の既存メディアだけに頼っていては、為政者の思うがままになる危険性がある。

追記:「でんでん」発言について問われた政府関係者は、「伝々の読み間違いだろう」とかばったそうだが、そもそも「伝々」は漢和辞典にのっていない。恥の上塗りだ。「でんでん」と聞いて思いつくのは「でんでん虫」と「電電公社」ぐらいだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する