楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

獅子身中の虫

 超格安で国有地が払い下げられたのは間違いないが、あとは何が事実か嘘か、分からないのが森友事件だ。信奉していたシン君に、バッサリ切り捨てられた籠池理事長が、破れかぶれになったかに見える。今後の展開が予想できなくなった。ロッキードも、リクルートも小さなニュースから始まった。森友事件は一市議の情報公開請求が端緒になった。シン君は、「マスコミは手なずけているから、アリバイづくり程度の報道で終わる」と、甘く見ていたに違いない。

3665森友173161 
自宅前で野党委員と一緒に取材対応する籠池氏(中央)。なぜ与党委員はいないのか。この面会で証人喚問の流れが決まった

3671森友173162 
この人は証人喚問の意味が分かっていない。シン君に対する侮辱を晴らすためではない、事実解明のための第一歩なのだ

 現地調査に入った参院予算委の野党委員を自宅に招き入れた籠池氏。思想信条が全く違う人、いわば「反日政党の面々」と、並んでカメラに納まる姿を誰が想像できただろうか。シン君への100万円寄付が飛び出した。真偽はともかく、籠池氏の今後の発言は予測不能だ。何か心当たりのあれば、シン君やトモミちゃん、松井大阪府知事にとってはビクビクものだろう。国会への参考人招致すら拒んでいた与党は、初動を誤って証人喚問に追い込まれた。

 市議の情報公開請求は「天網恢恢疎にして漏らさず」にあたる。「獅子身中の虫」、シン君は支持母体・日本会議の中に虫がいるとは思いもしなかっただろう。もっともシン君が籠池氏を虫にしたのだが。ことわざは、何千年経っても、人は同じ間違いを繰りかえしていると教えてくれる。「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対腐敗する」。自民党内も、官僚機構も、国会も、マスコミも押さえ付けていると思っているシン君へ捧げる格言である。意外と脆いかも。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する