FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

端境期

 冬でもなく春でもない端境期、「この時期は写真が撮り難い」が例会に集まってすぐ出た声だった。それでも評価できる作品があるから、写真は季節だけではないのが分かる。選ばれた10点を「川・森・文化交流センター」のロビーに飾るのだが、3作品の題名に「春」の漢字を使ってしまった。芸がないと言われそうだ。3月末には町の火葬場「千風苑」ロビーの写真を展示替えし、4月にはしだれ桜の開花に合わせて戸河内・与一野で写真展を開く。多忙な春になる。

3740例会1731242 
講評が終わって、展示する作品を額に入れるクラブ員。「額に入れるとよく見えるね」

3739例会173241 
上位に選ばれた作品。撮影がまずくて写真が変形した、陳謝

左上=撮影会での作品。どっしりとした杉の大木に巻かれたしめ縄の存在感が力強い。
     杉の肌やしめ縄、草地の色はきれいではない。モノクロで成功した

左下=唐草模様の倉壁のシリーズ作品。片隅の梅が、巡る春を告げている。倉は傷みが
     目立っているという。定点撮影してほしい

右上=撮影会での作品、春の太田川。川の中のネコヤナギが浮き上がり、対岸の竹が光
     って水面に映る。バックが暗く落ちて一層引き立った。

右下=ピントが合っているのは1カ所
近づいて撮ってネコヤナギの微妙な美しさに感
     動したそうだ。周辺を少しトリミングすればもっと引き締まった

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する