楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

日差し待ち                                          (安芸太田:17年4月12日撮影)

 安芸太田とあすなろの両フォトクラブ合同撮影会は、平日でもあり参加者は8人。日差し待ちの時間が多く、若干苦戦気味になった。花の駅・安野では桜の満開が遅くなり、他の花と咲くタイミングが合わず、例年ような春爛漫にならなかった。湯の山のしだれ桜は満開、津浪の花は撮りごろで申し分なし。締めは戸河内インター近くの桜並木、現天皇の成婚記念で1959年に植樹され、樹形が立派だ。桜の向こうの遠くの山にはわずかに雪が残っていた。

5113安野174121 

5126安野174122 
集合場所の安野。昨日に続いてなので、ワクワク感が起こらないのは仕方ないか

5173湯の山174123 

5176湯の山174124 
湯の山のしだれ桜。撮影に来るのは早朝か、雨の日が多いので、曇りの午前11時ごろだと狙いが難しい

5182津浪174125 

5214津浪174126 
津浪。1枚目の写真の屋根は、昨日の壁紙に写っている民家だ。反対方向からだと趣が全く変わる

5260上殿174128 

5252上殿174127 
戸河内インター横。花見用の提灯が下がっていてアングルが限られたのが残念。撮影中、高齢者施設のお年寄りが花見に来られた

5262上殿174129 
戸河内インターを降りるとこの時期、正面に雪の尾根が見える。桜がもっと早く咲いていたら、雪も多かったろうに。大トリミング

5283上殿174129 
撮影終了、近くで大きなシイタケを格安で売っていた。一人が買うと次々購入

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する