FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

田んぼ数々

 晴天続きで、苦戦しているのではないかと案じたが、流石、田舎の安芸太田フォトクラブである。例会には多くの田んぼ作品が集まった。田植え前から活着した苗が並ぶまで、日ごと変化する農村風景が捉えられている。山に囲まれた地域だから変化に富んだ水鏡が現れる。身近に題材を発見する面白さを、クラブ員が感じているのではと思う嬉しくなる。6月は写真になる季節だ。アジサイ、ヤマボウシ、天霧、吉水園・・・。好調だった5月以上を期待したい。

4917例会17526 
上位に選ばれた作品を川・森・文化・交流センターのロビーに展示するクラブ員

4905例会175261 
上位に選ばれた作品

左上=濃い青の田んぼが印象深い。活着した苗を初々しく捉えた。町の写真愛好家には
     里山らしくないと不満だろうが、身近な風景の魅力を見つけるのも大切だと思う

左下=こんな場面に出くわしたら、思わずニタッとすること間違いなし。藁屋根を隠す右の
     建物が悔しいが、致し方ない。花は毎年同じではない。来年も訪ねて欲しい

右上=正確に、美しく植えられた苗がラインを描く。コメ作りをする人が見たら「植え方が
     うまいなぁ」と感心するだろう。映り込む山が苗を引き立てる

右下=遊園地で童心にかえるお年寄りの表情が全てだ。左の女性の表情もいい、タイミング
     もバッチリだ。左右と下をトリミングしなくてはいけない

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する