FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

入道雲(猪山など:17年8月22日撮影)

 高校野球・広陵の決勝進出を見届けて、いざ撮影へ出発。「午後から所により雨」の予報に願いをかけた。結果は雨上がりの霧あり、入道雲ありで久しぶりに気分は軽やかだった。目まぐるしく変わる雲の動きに、つい、わき見運転をしてしまう。太平洋高気圧にすっぽり覆われるより、不安定な気象条件で雷が鳴るぐらいが、夏の風景写真には好都合だと分かった。実は二日後に迫った例会に出す作品がなかったので焦っていた。ギリギリ間に合ってホッ。

7739滝山峡178221 
温井ダム・猪山展望台から。加計の街辺りから急に雨になり、温井ダムを過ぎると止んだ。すると谷底から霧が沸き上がり、大急ぎで展望台へ駆け上がった

7756猪山178222 

7762猪山178223 

7766猪山187224 

7770入道雲178225 
戸河内猪山。入道雲の下では雨が降っているのだろうか。空を仰ぐと、添える材料は民家の屋根ぐらいしかない

7786鹿篭頭187226 
戸河内鹿篭頭。昨年の初秋にも撮った民家、百日紅(サルスベリ)が彩りを添えていた

7800板が谷178227 
戸河内板が谷。芸北では雨が降った様子はなかったが、戸河内へ帰ってくると霧がたなびいていた。ザアーッと降ったのだろう

7809梶の木178228 

7817梶の木178229 

7873梶の木1782210 
戸河内梶の木。向かいの山との間は深い谷、柴木川から絶え間なく霧が湧き上がる。稜線が見えるタイミングは限られた

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する