FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

田んぼに 空に

 台風のせいで撮影会が中止になり、出品数を心配したが、安芸太田フォトクラブの例会は、実りの田んぼや大きな空、大胆に切り取ったコスモスなどが出揃った。浅い秋のこの時期にしては合格点だった。遠くへ出かけた作品は芸北・八幡ぐらいで、ほとんどが住んでいる近くだ。現場に立ち会ってみたい題材もあって、「地元の強み」をつくづく感じる。「10月の撮影会は」、「天候によっては朝早くですよ」。冷え込み、鮮やかな秋本番を期待しよう。

6812例会179231 
上位10点に入る作品が、一人に偏る場合がある。「今日は〇〇さんデーじゃねぇ」。

6815例会179232 
上位に選ばれた作品

左上=杉と竹の林から朝日が、空き家の屋根に差し込んだ。稲が色づいていたら一層秋らし
     さを表現できた。こんな場面に出会い、さぞドキドキしただろう

左下=出荷用の露地白菜の畑。変形した田んぼに沿って畝が曲がり、ビニールの覆いが造形
     になった。今では白菜が育って見えなくなったと言う。撮るタイミングは限られている

右上=実った稲、杉林、形のいい雲。役者がそろった。よく見ると稲が倒伏したため、数株
     をまとめて縛っている。農家の苦労が忍ばれる。アップでも撮りたかった

右下=漂う霧を朝日が染めた。自宅の近く、作者の領土のようなもので、他人はむやみに立
     ち入らず、お任せしよう。鉄塔など気にすることはない

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する