FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

臨時総会

 9月、所有権者が確定できない民有地の石垣が崩れ、用水路を埋めた。行政は復旧に「手出しできません」との立場。管理責任は所有者にあるのに誰が費用を負担するのか。臨時総会を開いて、特例として「部落負担」を決めた。登記上の人は亡くなり、関係者の追跡も不可能、その土地を購入した人は登記せずに死亡し、相続者もいない。宙に浮いた土地が多いと聞く。代々同じ場所で続く家は少ない。50年、100年経てば普通に起こる困った問題だ。

6946臨時総会179301 
費用は最小限に抑えて対応することになった。田舎、都市に関わらず、放置された空き家でも同じような困り事が起こっている

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する