FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

二つの写真展とブラマンク展

 「第49回広島県高等学校写真展」、中国新聞社OBの大村博さんが主宰する写真展「楽しく写す 仲間たち」、ひろしま美術館の「ヴラマンク展」を巡った。高校生の型にはまらない狙いや切り取り方が新鮮で、「我が写真は定型的」と反省させられた。ベテランの「楽しく写す」は題材や構図、狙いが落ち着いていて、両者の年齢差が作品にそのまま現われているのが面白い。ヴラマンクの冬の暗く重い空に引きつけられた。写真での表現は困難だろうか。

7406高校写真展1711281 
高等学校学校写真展。26校、217人、全紙からA4までの404作品が所狭しと並ぶ。広島県民文化センター(中区大手町)、12月2日まで

7428楽写展1711283 
写真展「楽しく写す 仲間たち」。フォトクラブ楽写と中国新聞文化センター講座会員の64人、全紙98作品。広島市まちづくり市民交流プラザ北館(中区袋町)。12月3日まで、10時から18時

7408ブラマンク展11711282 
ヴラマンク展。1,300円(前売り1,100円)は年金生活者にとって少々痛いが、それには代えられない。中区基町。12月24日まで、9時から17時(金曜は19時)、無休

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する