FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

とんど

 昨日までの大雪がやっと治まった。日差しは弱かったが、無風に近い状態で寒くもなく、とんどにはいい条件なった。参加者に年男年女がいなくて点火役は急きょ、消防団員が務めた。集まったのが約35人ではこんなことも起こる。ほっこりしたのは、生後5か月の双子の姉妹の参加。多くの人に抱っこされた。杏ちゃんがオーバーラップした。焼いた鮎を酒に浸した鮎酒が初めて登場、ただ「旨い」とは言えなかった。男の宴は盛り上がり、夕暮れまで続いた。

7807とんど準備181131 
竹を切り出した昨日は雪、手が痛くなるほど冷たかった。クレーン付きトラックが部落内にあって感謝感謝

7813とんど181141 
点火。とんどを組み立てたのは今朝、雪で全体が濡れた状態のため、灯油をまいている。奥は私が借りている家

7834とんど181142 

7844とんど181144 

7849とんど181145 

7855とんど181146 
女性陣活躍の豚汁が好評。寄付の酒は7本あったが、ほとんどなくなった

7840とんど181143 
眠そうだったり、笑ったり。よその子でも、抱く人は我が孫のように嬉しそう

7881とんど181147 
歌も出て、男たちの宴は長々と続いた。風も雪もなく、焚火は人を集める


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する