FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

時々日差し                                         (芸北など:18年1月27日撮影)

 撮影会の集合場所の戸河内インター駐車場では青空が見えた。芸北の雪景色が期待されたが、出発すると間もなく雪雲に覆われた。覚悟はしていたが、予定通り突っ込んでいくしかない。すると空に淡い青が見えるようになり、たまには雲が割れて日が差した。短時間でも気分は良くなるもので、写真の出来具合とは別に快い撮影会になった。結果的には、昨日が悪天候、明日には雪が痩せてしまうだろうから、今日がベストタイミングになった。

1695川手181271 
戸河内・川手。国道脇の民家、これほどの雪を見たのは初めて。寒さのため落雪し難かったのだろう

1708松原181272 
戸河内・松原。急に日が差し始め、狭い雪道でスピードをあげて、この民家をめざした。帰路、屋根の雪は落ちていた

1743小板181273 
戸河内・小板。写真愛好家が狙う立派な民家だ。今年は家への道が除雪されていなかった

1755小板181274 
戸河内・小板。除雪機は勢いよく雪を飛ばすが、雪の総量に比べれば、作業の大変さが分かる

1761長者原181275 
芸北・長者原。雪庇が現れる定番の撮影ポイント。まだ雪が足らず迫力は今一つ

1780聖湖畔181276 
聖湖畔の別荘地。葉を落とさないこの木の名前は知らない。唯一、冬の木立を飾る

7970八幡181278 
芸北・八幡原。短時間、大歳神社に日が当たり、掛頭山が姿を見せた。臥竜山山頂の雲は動かなかった

1804八幡181277 
八幡。撮影会参加者は3人。1台の車で賑やかだった。小人数もいいものだ

7978俵原181279 
芸北・俵原。運がいいもので、狙ったが場所へ近づくと日が差し始めた。ここでも雪道でスピードを上げた

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する