FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

三段峡展&浮世絵2展

 広島県立文書館で開かれている「開峡百周年 三段峡の歴史と自然」展へ出かけた。同館が所蔵する三段峡関連の文書や観光関連の資料が展示されている。三段峡憲章づくりや「さんけん」活動によって少しばかり知識があるので、先人が積み重ねた三段峡への思いが伝わってきた。歴史を後世に引き継ぐのは、地道に、正確に記した文書と写真、映像しかないのだとつくづく思う。100年後に史料となるかも知れない「さんけん新聞」の編集に責任を感じる。

7984三段峡展181291 
こじんまりした展示で、予備知識がない人には肩すかしかも知れない。挨拶文には「地元では、次の百年を見据えて保存と活用の取り組みが始まりました」とある。さんけんの役割は大きい。3月17日まで。中区千田町3-7-47、広島県情報プラザ内。日、祝、土曜午後休館。無料

 三段峡展の後、浮世絵2展をはしごした。ひろしま美術館の「歌川広重の世界」は、解説や見どころの説明が分かりやすく、読み込む来場者の足は遅い。大胆な構図と庶民の所作に見入った。県立美術館の「遊べる浮世絵展」では、浮世絵への固定観念が砕かれた。大切にされた子供たちが描かれていて、浮世絵が当時の暮らしや社会の様子を表現する媒体だったのだと知った。もし、浮世絵がなかったら、江戸時代の庶民生活をイメージする手がかりを失う。

7990歌川展181292 

7995歌川展181293 
ひろしま美術館。中区基町3-2、2月12日まで(無休)。当日券一般1,300円。シニア(65歳以上)1,100円。シニア割引を知らず一般で入場した。悔しいが、受付の女性に若く見られたと思って気を休めよう

7999浮世絵展181294 
広島県立美術館。中区上幟町2-22、2月12日まで(無休)。当日券一般1,200円。シ二ア割引なし

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する