FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

水回り

 3回目の実家の田植え前の手伝い、粗代作業が終わった。今日の仕事のポイントは水回りの造作だった。上から落ちてくる水を1枚目の田んぼに入れ、その田んぼが満水になったら次の田んぼへ流れ込むように、樋や堰で導いていく。流れる順序を見ると昔から苦労した場所だと分かる。棚田は見た目には美しい風景だが、見えない所に昔からの工夫が隠されている。

6704水路144221 

6714水路144223 
水はまず手前の田んぼへ入り、次に右奥の田んぼへ流れていく。少しづつ改良した結果の形だが、コンクリートがなかった江戸や明治のころはどうやっていたのかと思う

6708水路144222 
一昨年冬、兄と二人で作ったコンクリート水路。波板や土の畦(あぜ)で水路を作るのは手間のかかる仕事だった。右上から流れてきた水は奥の田んぼに入り、いっぱいになって手前の田んぼへ回るようになっている

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する