FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

田んぼ準備

 昨日と今日、呉に住む次兄と実家の田んぼの準備をした。畔際の土を刎ねる作業で、重労働ではないが根気のいる仕事だ。20メートルぐらい進んでは休憩を繰り返す。69歳と79歳だから無理もない。昔は鍬で刎ねた後、最後は残った土を両手でつかんで、股の下を通して後ろへ投げていた。今はコンクリートや樹脂製の波板になっているから、昔を思えば楽になっている。午後からはトラクターで耕運した。稲刈り後に耕運しているが、切り刻んが藁が乾いた状態で残っているので鋤き込むためだ。腐らないと田植えのとき困る。

8235田んぼ準備183151 
石垣側の土を刎ねる次兄。右の畔側は私の担当。田んぼは19枚で1枚平均100メートルとすると1.9キロになる。肘と腰に痛み、だるさを感じながらこのブログを書いている

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する