FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

雪解け(芸北など:18年3月16日撮影)

 21日に安芸太田フォトクラブの撮影会を予定しているため、芸北の冬の終わり具合を偵察に出かけた。結果は臥竜山、千町原とも除雪されておらず、車では進入できない。当然だが聖湖に氷は無く、林の雪は汚れている。ただ、大雪と急な気温上昇で一気に雪解けが進み、川は雨の後とは違う表情見せてくれた。三段峡正面口から入ると流れの音は一際響き、迫力がある。探勝路には落石や雪が残る。安全第一で入って欲しい。雪解け増水は当分楽しめる。

1984小板183161 
国道191号沿いの雑木林。定番ポイント。手前に邪魔がなく、遠くの山を見通せるのはここだけぐらいだ

1991八幡1831611 
定点撮影している長者原の廃屋。大雪の重みに傷みが一気に進んだ。静かに見送るだけだ

2002八幡183162 
臥竜山入り口の交差点。何度も走っているのにこんな風景に出会ったのは初めて。雑木林に霧がかかり、別世界になった

2017八幡183163 
臥竜山入り口近くの水田と民家。雪はきれいではない、立ち込める霧が冬の終わりを告げる

2025小板183166 

2045小板183167 
戸河内・小板川。青みがかった雪解け水が勢いよく流れる。川岸まで行きたい場所はあったが、転落の危険があり我慢した

2070魚切滝183168 
魚切滝。恐羅漢山、丸子頭などの雪解け水が集まり、轟音を響かせる。手前の木は切ってもらいたいのだが

2117三段峡183169 

2163三段峡1831610 

2143三段峡1831613 
三段峡。大雨による増水とは違い、雪解け水は薄いグリーンで爽やかだ。晴れればもっと鮮やかになるのだろう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する